簡単・美味しい!フライドチキンのレシピ/作り方(ハーブ入り)

自宅でケンタッキーフライドチキンを再現してみたいと思ったそこのあなた。

そうなんです。大雑把ではありますが自宅で再現できるんです。

なので似てるようで似てない、似てると言われれば似てる気がする。

そんな美味しい我が家のフライドチキンのレシピをお送りします。

そもそも

唐揚げとフライドチキンの違いは何か?

明確な定義はないそうですが、あえて一言でいうなら味付けが和風か西洋風かです。

前者は醤油やニンニク、ショウガをなどでお肉に下味をつけて小麦粉・片栗粉で衣をつけて揚げたものです。

後者は衣にハーブや下味をつけて揚げる。

だいたいこんな感じです。

まあそこにこだわらずに作っていきたいと思います。

では作り方です。

フライドチキンのレシピ

材料

(A)

  • 卵 1個
  • 小麦粉 55g
  • 水または牛乳また豆乳 90g

(B)

補足

  • パプリカパウダーは色付けと、香り付け(スモークのような?)効果があります。
  • 今回ハーブはバジルとオレガノにしましたがタイムやセージパセリなど入れてもいいです。量の入れすぎには注意してください。

SPONSORED LINK

手順

仕込み

  1. 手羽もとは骨に沿って切り込みを入れる
  2. ニンニクはすりおろす
  3. ビニール袋に手羽元・塩・コショウ・パプリカパウダー・米油・すりおろしたニンニクを入れもみ込み、冷蔵庫で1時間以上おく。
補足
油で揚げる30分前には冷蔵庫から取り出し常温にする。
揚げ温度が低くなってしまうと上手に揚がりません。

揚げ準備

  1. Aをボールに入れ混ぜておく
  2. Bはビニール袋に入れよく振って混ぜておく。半分はトレーにだしておく。
  3. 漬け込んだ手羽元をAにつけて軽く汁気を切り、Bのトレイに載せ、ビニール袋から粉をスプーンで振りかける。
補足
汁気の多い手羽元なので粉がダンゴにならないように振りかけると作業がやりやすい。

油で揚げる

二度揚げします。まずは160℃の油で4~5分揚げ、そのあとに190℃で二度揚げ

完成

うーん、似てないかも。
でも美味しい。(写真はアレですが)

以上!

関連コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です